HOME>特集>ファッション性よりも機能性を最優先にしよう

足の変化に着目

紳士靴

オーダーメイド靴は、足の変化に合わせなければなりません。特にレディース(婦人靴)を例とすれば、巻き爪や外反母趾により、既製品ではフィットしないために製作を考えるでしょう。親指の曲がり、突出した骨による痛みが懸念されます。ファッション性より機能性を気にかけ、痛い部分を圧迫しないヒールの低い靴の相談が大事です。靴底までが選べること、土踏まずのアーチを支えられる一足を作りましょう。ちなみに、おしゃれで可愛い、そうしたファッション性で考えるならば、トゥも広く、ヒール高でも安定感のある太さで相談しましょう。いわゆるワイズですが、同じ2Eでもデザインや木型、足との相性でフィット感が異なることに気をつけましょう。そのため、三次元足型計測器を導入している業者選びが大事です。

手入れまで考える

ファッション性がポイントになり、こだわりは素材選びから、色、金具にまで及ぶでしょう。オーダーメイドでしたら、プロによる計測や調整、デザイナーによるモデル(サンプル)製作であったり、履き心地を把握するために中敷きのチェックまで行われます。大事なのは、走れて疲れにくい靴であることでしょう。いくらデザインが魅力でも、疲れると分かれば、履く機会もなくなる可能性大です。さらに、オーダーメイドですから手入れも必要です。毎日のように履く、とっておきの時に履く、どんなシチュエーションにしても怠ってはなりません。ファッションは足元からともいわれるように、汚れ、傷、カビなどに対し、アフターケアしてくれる業者選び、あるいはそうした専用店を探しておきましょう。

広告募集中