キルティングで気を付けること

キルティングは端から縫うとよれてしまうので、必ず中央から縫うように心がけましょう。糸くずは目立つので、見つけたらきれいに取り除いてください。

キルティングの魅力

初心者でも挑戦しやすい

普段縫い物はしませんが、キルティングは生地が縫いやすいので、すっかりハマってしまいました。

生地が丈夫で長持ちする

2年前にキルティングをはじめました。生地が頑丈なおかげで、2年前に作ったアイテムが今でも活躍してくれています。

子供用のアイテムに最適

キルティング生地は軽いので、子供のバッグや上着といったアイテムを作って持たせています。

作れるアイテムの種類が豊富

キルティングはカーペットやベッドカバーといった大物も作れますが、ポーチやコースターといった小物作りにも最適です。

見た目だけでなく機能性にも優れている

キルティング生地は保温性に優れているので、冬場は掛け布団がわりに使ったり、上着を作って着たりしています。

温かみが人気の理由

裁縫道具

キルティングの魅力といえばやはりその温かみではないでしょうか。色々な種類がある生地の中でも、キルティングは特に厚みがありふんわりしているので優しく温かい印象の生地といえます。秋冬のアウターでもキルティングを使ったデザインは人気ですよね。起毛素材のものや表面がツルツルとしたものなど、バリエーションも豊富です。カジュアルなイメージが強いですが、ボトムスにスカートなどのアイテムを合わせればきれいめスタイルや通勤にも対応できる万能アイテムです。また、バッグなどにキルティングを使うのも人気ですよね。丈夫な素材なので、幼稚園や保育園の手提げ袋にされることも多いです。綿素材のものでしたら、洗濯機で洗濯することもできますからお子さんが使うにもピッタリです。

オススメの選び方

布

キルティングは丈夫な生地なので、お化粧品を入れるポーチなどにもおすすめです。化粧ポーチをハンドメイドする場合には、内側の生地にも工夫すると良いかもしれません。内側は汚れやすいので、防水効果のある裏地にするとすぐに汚れが拭き取れて便利ですよ。またキルティング生地のアウターを選ぶ際には、どんなイメージで着こなしたいかを考えてから購入しましょう。通勤に着用する予定があったり、少しシックに着こなしたいというときにはブラックやネイビーがマスト。フード付きではなく襟付きがおすすめです。カジュアルに着こなすならカラフルなものが良いかもしれません。明るくてかわいらしい印象になりますよ。

ハンドメイドにおすすめ

裁縫道具

キルティングはわたしたちの生活の中に溶け込みやすい身近な生地です。生地の価格自体もとてもリーズナブルですし、柄のバリエーションが豊富なところも魅力の一つです。お子さんが好きなキャラクターの柄、女の子や大人が使いたくなる北欧テイストの柄、男女問わず使えるギンガムチェックやストライプなど、豊富な柄で色々なアイテムに加工することができ扱いも難しくないことから長年人気の生地となっています。ハンドメイドを楽しむ方に特に注目されています。

広告募集中